ひよこ土地活用

アーバンニュース

自筆証書遺言の法務局保管制度の創設

法務局における遺言書の保管等に関する法律が新設
      (「遺言書保管法」といいます)

 

施行日  令和2年7月10日

1.遺言書の保管の申請
・保管対象は自筆証書遺言で、封のされていない法務省令で定める様式に従って作成されたものに限ります。
・法務局のうち法務大臣の指定する法務局(遺言書保管所)において、遺言書保管官として指定された法務事務官が取り扱います。
・遺言者の住所地等を管轄する遺言書保管所の遺言書保管官に対して申請することができます。
・遺言者が遺言書保管所に自ら出頭して行わなければなりません。遺言書保管官は、申請が本人であるかどうかの確認をします。

2.遺言書保管官による遺言書の保管及び情報の管理
・保管の申請がされた遺言書については、遺言書保管官が、遺言書保管所の施設内において原本を保管するとともに、その画像情報等の遺言書に係る情報を管理します。

3.遺言者による遺言書の閲覧、保管の申請の撤回
遺言者は、保管されている遺言書について、閲覧の請求及び保管の申請を撤回することができます。
    保管の申請が撤回されると、遺言書保管官は、遺言者に遺言書を返還するとともに遺言書に係る情報を消去します。
遺言者の生存中は、遺言者以外の方は、遺言書の閲覧等を行うことはできません。

4.遺言書の保管の有無の照会及び相続人等による証明書の請求等
・特定の死亡している者について、自己(請求者)が相続人、受遺者等となっている遺言書(関係遺言書)が遺言書保管所に保管されているかどうかを証明した書面(遺言書保管事実証明書)の交付を請求できます。
・遺言者の相続人、受遺者等は、遺言者の死亡後、遺言書の画像情報等を用いた証明書(遺言書情報証明書)の交付請求及び遺言書原本の閲覧請求ができます。
・遺言書保管官は、遺言書情報証明書の交付、又は相続人等に遺言書の閲覧をさせたときは、速やかに、当該遺言書を保管している旨を遺言者の他の相続人、受遺者及び遺言執行者に通知します。

5.遺言書の検認の適用除外
・遺言書保管所に保管されている遺言書については、遺言書の検認の規定は適用されません

6.手数料
・遺言書の保管の申請、遺言書の閲覧請求、遺言書情報証明書又は遺言書保管事実証明書の交付を請求するには、収入印紙をもって手数料を収める必要があります。

  • アーバンニュースのお申込みはこちら
  • お電話でのお問合せ052-771-0291