ひよこ土地活用

アーバンニュース

相続における配偶者の特典(税額軽減特例)

概要

配偶者の相続した遺産のうち課税対象となるものの額が
     ①1億6000万円
     ②配偶者の法定相続分
のどちらか高い方の金額までなら、相続税はかかりません。

 

要件

①戸籍上の配偶者であること
②相続税の申告期限までに遺産分割が完了していること
③相続税の申告書を申告期限までに税務署に提出すること

適用にあたっての留意事項

相続税の申告書を被相続人の住所を管轄する税務署に提出しなければなりません。

◎配偶者がすべての財産を取得しこの特例を適用した場合に、たとえ相続税額がゼロであっても相続税申告書の提出は必要です。

◎申告期限までに提出し、申告後、新たに財産が見つかり修正申告を提出する場合でも適用が認められます。(隠していた財産については特典は受けられません。)

◎配偶者が遺産分割の前に死亡している場合でも、適用可能です。

◎申告期限(相続開始日の翌日から10か月)までに分割されていない財産は税額軽減の対象になりません。
 ただし、次の手続きを取れば税額軽減の対象となり、適用が認められます。

 

相続税申告書提出時の添付書類

・被相続人の出生から死亡までの戸籍謄本
     (被相続人が亡くなってから10日を経過した日以後のもの)
・遺言書の写しまたは遺産分割協議書(相続人全員の印鑑証明書付)の写し

  • アーバンニュースのお申込みはこちら
  • お電話でのお問合せ052-771-0291