ひよこ土地活用

アーバンニュース

2016.1月号 生命保険を使った節税対策の落とし穴 <基礎編>

契約者(保険料負担者)=被保険者とする生命保険に加入した場合、その死亡保険金を受け取る相続人は以下の金額が相続税法上、非課税となります。【相続税法第12条】【ケーススタディ】父・母・長男の3人家族で、父が死亡した場合を例にして相続税額を考えてみましょう。例として父の財産を預貯金4,000万円、土地10,000万円、建物1,000万円とします。預貯金を預貯金のままにするよりも、

  • アーバンニュースのお申込みはこちら
  • お電話でのお問合せ052-771-0291