ひよこ土地活用

アーバンニュース

2012.10月号 相続税の還付手続き

平成23年度税制改正で、相続税の還付を受けるため申請手続期間が変更されました。

相続税の還付とは

相続税の還付とは、本来の税額よりも多く納付してしまった場合に、払い過ぎた分の税額を返してもらうことをいいます。これまで相続税の還付を受けるための「更正の請求」は、「法定申告期限から1年以内」に行わなければなりませんでした。それを過ぎると、法律上の手続きは用意されておらず、実務的には「嘆願書(お願い書)」で、税務署にお願いする以外ありませんでした。

しかし、この度の改正により下図のように変わりました。特に、平成23年12月2日以降に法定申告期限が到来する場合、法定申告期限から5年間は「更正の請求」ができるため、相続の還付を受けるチャンスが拡大したと言えます。

事例

un201210_01
  • アーバンニュースのお申込みはこちら
  • お電話でのお問合せ052-771-0291