ひよこ土地活用

アーバンニュース

生前贈与した方がよい?

皆さん‘ 贈与と相続どちらがお得かしら?‘とお悩みになっていることはありませんか?今回はそんな皆さんのご参考になるケーススタディを掲載します。

親が相続で先代から引き継いだ土地に、その子どもや孫が家を建てることは珍しくありません。こういった場合、「敷地は親の財産となっているため生前に子どもへ贈与しておいた方がよい?」とよく質問を受けます。そこで次のケーススタディで比較してみます。

ケーススタディ

子どもが親の土地の上に自宅を建築
建築資金は住宅ローン
不動産取得税等の特例適用はなし
家族構成:父、母、子の3人
父の財産:4,000万円 (土地含む) 路線価:100,000/㎡
       固定資産税評価:800万円
母の財産:なし

 

 

※①②③の場合、子どもの住宅ローンが残っていたら、贈与する前に抵当権者である金融機関の了解が必要となります。
※父の財産が多額の場合には、②は相続税対策となりません。
※①②につき、贈与後は子どもが固定資産税を負担しなければなりません。父が固定資産税を払えば子どもへの贈与となりますが、年間110万円までであれば贈与税は課税されません。

  • アーバンニュースのお申込みはこちら
  • お電話でのお問合せ052-771-0291