ひよこ土地活用

新着情報
住宅地価に2022年問題 「生産緑地」が下落圧力に!!
2017年11月28日

まとまった土地が売りに出され、建売住宅や賃貸アパートが建てられたりすることで住宅市場の供給が過剰となり、周辺の地価や家賃相場が下がる。これが予想される2022年問題のメカニズムだ。

生産緑地の面積(ha)と市街化区域に占める割合(%)

名古屋市 275ha 0.9%
東京都 3296ha 3.0%
大阪市77ha 0.4%

狭小地、100坪~の遊休地で税金対策や安定収入をお考えなら、ひよこ土地活用

土地活用診断

資料請求