ひよこ土地活用

150坪からできる賃貸型保育園による土地活用

150坪からできる賃貸型保育園による土地活用 150坪からできる賃貸型保育園による土地活用

賃貸型保育園とは 賃貸型保育園とは

名古屋市が公募し、賃料・工事費に補助金の出る認可保育園です

賃貸型保育園とは、名古屋市内の待機児童対策が必要な地域において、名古屋市が保育所を設立・運営できる運営事業者を公募し、遊休地や、空き物件を活用して、保育所を整備(設立・運営)するものです。
土地や建物をオーナーさんにはお貸しいただき、保育園の運営事業者が建物を保育所仕様に改修し、保育所を運営します。
名古屋市からは、改修費及びオーナーさんへの賃借料、礼金に対して、運営事業者に補助金が交付されます。
名古屋市の待機児童解消が急務とされているため、「賃貸型保育園」の需要が高まり、近年は毎年名古屋市から公募があります。設立された保育園は名古屋市認可の保育園となるので、地域にも貢献できる事業です。

賃貸型保育園
賃貸型保育園
  • 名古屋市に公募される「認可保育園」を整備する事業
  • 運営事業者に名古屋市から補助金が交付される
  • 名古屋市認可の保育園となるため、地域の待機児童解消に寄与・貢献できる事業

賃貸型保育園の注意点

認可保育園の場合、名古屋市の待機児童数によるエリア指定があるので、公募に応募してもエリアが限られ、用地によっては採択されない可能性があります。

賃貸型保育園による土地活用のメリット

賃貸型保育園による土地活用のメリット 賃貸型保育園による土地活用のメリット

  • 名古屋市から運営事業者に対して整備費等の補助金が交付される
  • 10年間、事業者への家賃補助金が交付されるため安定した収入が見込める
  • 補助金の交付により、早期回収が可能
  • マンションなどに比べて空き部屋問題に困らない
  • 公募により市が認可した優良事業者が長期一括借り上げ
  • 名古屋市の認可保育園となるため、毎年監査が入り安心
  • 待機児童対策解消が急務な地域のニーズに応えることになり、社会に貢献できる

関連事例

土地活用診断

資料請求

近日公開関連セミナー

開催日:
2018/3/27(火) 10:00~11:00
第1講座講座:
遊休地・駐車場をお持ちの方 「固定資産税の軽減」
ひよこ土地活用
内田 康介