ひよこ土地活用

相続税の節税
2013年05月28日

相続税・・・と聞いて、悩んでいらっしゃる方、先祖代々の土地を自分の代で手放したくない方、頭を抱えていらっしゃる方はたくさんいらっしゃると思います。

そこで相続税対策の一つである『貸家建付地』の評価を受けましょう。

貸家建付地とは、持っている土地に賃貸住宅を建てて、その部屋を他人に賃貸することによって更地の評価額から借地権割合、借家権割合の分を割り引くことです。

貸家建付地の評価額=更地の評価額-(更地の評価額×借地権割合×借家権割合)

例)更地の評価額1億円の土地がある場合・・・。(借地権割合70%、借家権割合30%とした場合)

1億円-(1億円×0.7×0.3)=7900万円(貸家建付地の評価額)

上記の例からすると評価額がマイナス2100万円も評価が下がっていることになります。

土地を持て余しているのは大変もったいないです、節税できることはどんどん活用していきましょう。

狭小地、100坪~の遊休地で税金対策や安定収入をお考えなら、ひよこ土地活用

土地活用診断

資料請求